Clover


『Clover baby and James prince’s love story』

Story

Clover girl has ever went 
to many island to like journey
since red clothes's baby is very lively

And this trip somewhere...

A little sip with baby 
arrived a huge island from cloverland

The island's Jamesnybis kingdom

Cute baby is very hungry
Didn't still eat anything 
from this morning

Start looking for
 love clover and food
around shore of island

Then a person emerged from castle 
He is son of Jamesnybis kingdom
James Jr.

Pannhacottaland of king invited 
a party to him 
James just now came here to 
get acorn for present

A pure coincidence of two roles starts from here

「Hey, What are you doing here?」
James said
「Where is clover?I'm hungry」
Clover baby's first contact

「Clover?Perhaps it is beyond that forest」

A just a few minutes later
「But why do you need clover?」
Prince asked

 「Where?...cannot move because of hungry」
Baby answered

Then looks the appearance
「All right, Take you there」
James Jr. headed to clover's place 
to rift a little ship of riding baby


They were talking about each other
in middle of walking there 

 Then can spend enjoy time

Walking then
「Look!There're a lots of clovers there!」
「How is it like?Can you feel good?」
Prince said

「Wow!Lovely clover appeared in front of me!」
Baby said and looks is surprised at ocean view

For a while said
after reveled this moment
「I love four leaf clover.Where is love clover?」

「Four leaf clover?I have no idea...」
Price

「I only accept that special piece!
seeking for four leaf clover together!」
Willful angel said

「I don't feel like it!
Look all clovers is same figure!」
a little bit loud voice 

Then prince looks at clover baby
baby's gazing him 
during inflating her cheek
just like angry 

And a few times later
「Give up.OK.
seeking for your favorite clover!」

Just moment, baby was very glad

Then started two person's desire action

It's not much easy find four leaf clover
Around there spreads many various clovers

But this time very great time by youth

After a while
Baby said
「Do you know it?Pair'll be able to be happy,
If two can find four leaf clover.It's my island legacy」

「Surely, find it for you and I!」
James with smiling answered

Passed by a fews times...
Before dawn...
Then someone screamed

「Find it!Come here!」
Little cute baby's standing
 to have four leaf of clover,
when looked back little voice behind 
clover's covered with mountain!

Honey takes a look at James with clear smiling

Could find it very hard
influence of uniting pair

They surface is full of happiness

 Gaze each other
Don't need conversation anymore

Hope this moment's forever


『クローバーの女の子とジェイムス王子の恋の物語り』

物語り

赤い服の女の子
はとっても活発な子

旅が好きで今まで
たくさんの島へ行きました
そして今回の旅の行き先は…

女の子を乗せた小さな船は
クローバーランドから
大きな島へとたどり着きました

その島はジェイムスネイヴィス王国

今朝から何も食べていなかった
女の子はとてもお腹が空いています

そこで島の岸辺あたりで
大好きなクローバーと
食べ物を探しはじめたのです

その時です

城の方からある人物が岸辺に姿を現しました

彼はジェイムスネイヴィス王国の御曹司
ジェイムスJr.

彼はパンナコッタ王から
パーティーに招待されていたため

パーティーの贈り物として
渡すドングリを探すためここへ来たのです

そして
2人の偶然の出会いが
この場所から始まります

「やあ、ここで何をしているんだい?」
王子は云いました

「クローバーはどこ?お腹空いた」
と可愛い女の子

最初の会話です

「クローバー?ええっと…
たぶんあそこの森を越えた
ところにあると思う」

少し経って
「けど、どうしてだい?」
ジェイムスは訊ねた

「どこ?…お腹空いて動けない」
ベイビーは答えました

その様子をみて
「大丈夫さ、連れていくよ」
そう云って

王子さまは
女の子を乗せた
小さな船を持ちあげて
クローバーがある場所へと向かいました

クローバーのある場所へ
向かっている最中
お互いのことを話しました

2人は楽しい時を過ごしています

歩いていると
「見てごらん!たくさんのクローバーがあるよ!」
「どう?気に入った?」
ジェイムスは云った

「うわー!クローバーがいっぱい!」
女の子はその眺めを目の当たりにし
驚いた様子です

喜んだあと
「四つ葉のクローバーが好き
四つ葉のクローバーはどこ?」
と女の子は云いました

「四葉のクローバー?わからないな…」
と王子さま

「四葉のクローバーがいいの!いっしょに探して!」
とわがままな天使は云いました

ジェイムス王子は
「面倒だよ!クローバーは全部同じにみえるんだ」
少し大きな声で云いました

女の子の方を見てみるとほっぺを膨らませて
じっとジェイムスの方を見つめています
まるで怒っているかのように

少し経って
「わかったよ、いいよ
いっしょに探してあげるよ」
優しい王子さまは云いました

女の子は大喜びです

2人は探しはじめました

けれど四葉のクローバーを
見つけ出すのはそんな
簡単なことではありません

ここにはたくさんのさまざまな
クローバーが広がっているのだから

けれど若い2人にとっては
この時間はとても特別なものでした

しばらくすると女の子が
「ねえ知ってる?もし四葉のクローバーを
見つけることができたら2人は幸せになれるんだって。
私の島の云い伝えなの」

「わかった、必ず見つけよう!」
ジェイムスは笑顔で答えました

数時間が経ち
日が暮れそうなそのとき
誰かが叫びました

「あった!こっちへ来て!」
クローバーの山から小さな声がするほうへ
振り返ると、キュートベイビーが四つ葉のクローバー
を持っているではないか!

ハニーは澄んだ笑顔でこっちを見ています

力を合わせ苦労して
四葉のクローバーを見つけることができました


2人の表情は幸せでいっぱい

見つめあう
言葉など必要ない

この瞬間が
永遠になればいいのに