Tomato and Salaried man


『Tomato and salaried man』

This art made in 2010
I took D's crew in Deutschland!

Story

A typical salaried man is 
one town of a company

He has always worked
until midnight in office

His life
 repeats as usual 
day after day

One day
work finished early
than everyday time

He was very glad
and then
goes out to night town

It seems like
enjoys his free time
for the first time in 5 months 

Since drink a lot of alcohols 
in restaurant 
he slept before knew it

Last rain already end this time

It cannot make it anymore,
when wakes up

「Oh!my god!There isn't train
I have to go to home on foot...」

But he is new here
Doesn't know this place

And cannot walk on way
Because he's drunk so much

He found something cool forest
in unknown town
when keep to walk for a while

「Un...?What is here?
Why is there forest town?
...well, wanna have break」
he said and 
go to the mysterious forest

Bench is by salaried man
He was relaxing there 
during siting and drink water

Then voice 
listened from deep forest

「...?Who is here?」

He got feeling that
somebody is around there...

But cannot see dark around
A drunk man 
is scared this situation

「Maybe, I get fanciful...
go back home」

So loud noise is from behind his
when stands up on bench

He's so surprised in the noise
and look back 
toward a dark forest hurry

Then something red creature
 looks him
The strange creature looks
 is big size than salaried man
and kind of vegetable like tomato

He lost voice 
and he was pale 
and get panic 

「Tomato!?and big size!!
Whatever,Where is here!?」
he said with freeze

「...tomatomatomato」
Tomato said by tomato language 

"You're Tomato exactly!
Tomato talked 
something language else
We cannot eating 
big tomato just like you!"

He's upset and 
runaway just moment!
He screamed while running
「Please!Please don't eat me!」


You can figure out 
this situation to look 
special man with scared fece

2010 Size F3(273mm×220mm)
Art material Paper,Pencil,Acryl


『トマト星人とサラリーマン』

2010年の作品
ドイツに連れて来ましたよ!

物語り

ごく普通のサラリーマンが
ある町のある会社にいました

彼はいつも
夜遅くまで働いています

来る日も来る日も
同じ生活です

そんなある日
仕事がいつもより
早く終わりました

大喜びの彼は
早速町へと繰り出しました

5ヶ月ぶりに楽しい時間を
過ごしているみたいです

お店でたくさんのお酒
を飲んでしまいいつの間にか
眠ってしまいました

この時間すでに
終電はありません

彼が目覚めた時には
もう間に合いません

「しまった!電車ないじゃんか
歩いて帰るかな。。。」

しかし彼にとっては
この場所は初めてで
よく知りません

しかも
飲みすぎた影響で
上手く歩けません

しばらく歩きつづけていると
何か涼しげな森のような場所を
見つけました

「ん…?何だ?
何故こんなとこに森が?
まあいいや・・・休もう」
と言い森の中へと
入っていきました

ベンチがあり
水を飲みながら
寛いでいました

その時森の奥から
声が聞こえて来ました

「…?誰かいる?」

何かがいる気がするんだが・・・

しかし辺りは暗く何も見えない
この状況を酔っ払いのおっさんは
怖がっていますよ

「気のせいだろう…
さてと帰るかな」

そう言って
立ち上がった瞬間
とても大きな音が後ろから
聞こえて来ました

驚き、そして
すごい早さで
後ろを振り返りました

すると赤い生き物が
こちらを見ています

この変な生き物はリーマンよりも
大きいそして何か野菜のような
トマトに見える

リーマンは
パニックになり
顔が真っ青になり
声を失いました

「トッ、トマト!!
ここは一体!?」
彼は固まっていた

「…トマトマトマト」
トマト語みたいだね

“絶対トマトじゃん!
しかも何か話してるし!
しかも食用じゃないよこのトマトは!

リーマンは慌てて逃げ去りました
走りながら叫ぶ
「お願い!お願いだから食べないで!」

あなたは
このスペシャルな男の
恐怖の顔を見れば
この状況を
理解することができるだろう

2010
サイズF3(273mm×220mm)
材料 紙、鉛筆、アクリル絵の具